翻訳家の仕事はAIに奪われる?将来性と今後も需要ある分野を徹底解剖!

↓ 今すぐフェローアカデミーをチェック ↓

今後5Gなどネットワークがさらに発展していくことで、人工知能 (AI) に仕事を奪われる業種も少なからずあるはずです。

では、翻訳の仕事はどうなのか?

この記事では、翻訳の仕事の将来性と今後も今以上に需要があるであろう翻訳分野について解説していきたいと思います。

翻訳家の仕事はAIに奪われる?仕事が減る可能性は大!

翻訳の仕事で使われるAI (人工知能) とは「機械翻訳 (Machine Translation) 」のことで自動翻訳のことを言います。

2016年にGoogleが「ニューラル機械翻訳 (NMT) 」を導入したことで、翻訳を発注する企業側も機械翻訳の利用に関心を示しているところが増えています。

ただ、昔に比べると翻訳の精度が向上してはいますが、まだまだ機械翻訳の訳文そのままではプロの翻訳者レベルには到底及びません。

機械翻訳後の訳文をより品質の良いものにする作業ポストエディット (Post Edit:PE) が必須となり、今後は機械翻訳 + PEの作業が増えていくと予想されます。

「機械翻訳」の増加による今後の需要予測

「機械翻訳」が今後も進化することで、分野によっては大幅に仕事が減る可能性があります。

機械翻訳の増加が予想される分野
  1. IT(ソフト・ハード)
  2. 特許
  3. 法律・契約
  4. 機械

このような業界では、今後さらに機械翻訳の増加が予想されています。

また機械翻訳の広がりを避けることはできないので、うまく利用する道を探っていくのと同時に、機械には難しい細かな点を重視するような仕事・取引先を選ぶ必要が出てくるでしょう。

翻訳家の将来性と今後も翻訳が必要と思われる分野

これからはただ翻訳家を目指すだけでなく、将来的に需要のある分野を想定して仕事を選んでいくことが大切になってきます。

今後も需要があると予想される分野
  1. マーケティング
  2. 出版 (文芸・漫画)
  3. 映像 (字幕・吹替)

上で挙げたジャンルは、ただ日本語に訳すだけでなく作者の感情や登場人物の心情など「文字に表れない要素」いかにクリエイティブに、訴求力を上げられるかが求められます

それは機械翻訳では難しく、人間の翻訳が不可欠になってくるため今後も需要は減ることはなく、むしろWEB配信の増加により仕事は増えてくると予想されています。

独学では厳しい!未経験から翻訳家を目指すなら…。

今後も需要があると予想される出版・翻訳分野で翻訳家を目指していくのなら、独学では厳しいところがあります。

出版翻訳には、出版物として読者が自然に読める表現にする技術が必要であり、映像翻訳には文字数制限など独自の翻訳ルールを学ぶ必要があるからです。

本気でプロの翻訳家を目指すなら専門スクールがおすすめ!

最近は専門スクールを経てプロになる人が増えてきています。

専門スクールに行くメリットとしては

  • 専門知識が効率よく学べる
  • 仕事獲得のサポートがある
  • 仲間ができて人脈も広がる

などが挙げられます。

中でも、フェローアカデミーは翻訳の3大分野と呼ばれる実務 (産業)・出版・映像すべてを取り扱っている唯一の翻訳スクールでおすすめです!

通学・通信と選べたり、現役プロの指導や翻訳関連企業とのネットワークによる手厚い就業支援も魅力のひとつです。

フェローアカデミーの資料請求・申し込み方法

フェローアカデミーの資料請求・申し込み方法についてご紹介します。

とても簡単で、1分ほどで資料請求(パンフレット申し込み)が完了しますよ

MEMO
現在コロナの影響により、紙媒体の資料ではなく「電子版をダウンロード」する形の資料請求となっています。

① 公式サイトから「資料請求」ボタンをタップしましょう。

「資料請求フォーム」までページが飛びますので、以下に必要な「必須項目」を入力していきましょう。

必須項目を入力したら「入力内容確認へ」をタップして、問題がなければ資料請求が完了となります。

\スマホで簡単1分!/
今すぐ無料でフェローアカデミーの資料請求!
\資料請求後の電話勧誘もないので安心!/

MEMO
現在はコロナの影響で、紙媒体での資料請求が中止となっているため、資料請求が完了したら登録したメールアドレスを確認して電子版をダウンロードしましょう。

まとめ

この記事では、今後ますます発達していくAIの影響で機械翻訳の需要が高まることをお伝えしました。

ただ、機械翻訳の訳文をより品質の良いものにする作業「ポストエディット(Post Edit:PE)」が必須となることも同時にお伝えしました。

また、出版・映像翻訳など訳文にクリエイティブな要素を加える必要がある分野は、将来的にまだまだ需要が増えてくるとも予想されます。

自分がやりたい翻訳分野は「将来性があるかどうか?」このような視点も、これから翻訳家を目指す上で必要になってくる考え方ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


資料請求はこちら
資料請求はこちら