【資格・学歴がすべて?】未経験者がプロ翻訳家になるには?なり方を徹底解説!

↓ 今すぐフェローアカデミーをチェック ↓

未経験者がプロの翻訳家になるために何をどうしていけば良いのか気になる点ですよね。

この記事では、未経験者がプロの翻訳家になるためには資格や学歴が関係するのか?また翻訳の仕事をゲットするためには何をしていけばいいのか?について解説していきます。

未経験者がプロ翻訳家になるために資格・学歴がすべてではない!

未経験者がプロの翻訳家になるために、資格や学歴がすべてという訳ではありません。

ジャンルによっては専門知識がある方が有利に働くこともありますが、そこは仕事をしながら身に付けていけるので心配ないでしょう。

ただし仕事を始める際に、人脈やコネが大切になってくるのは確かです。

会社員時代の縁から仕事の依頼を受けるケースや、一定の検定を合格すれば声がかかる場合もあります。

MEMO
日本翻訳連盟主催の「ほんやく検定」は1級を取得すると、希望者限定で連盟のHPに名前を登録できる。

翻訳会社では、翻訳スクールの受講歴をチェックしている会社もあるので、受講経験がある場合は履歴書でアピールするといいですよ。

未経験者がプロ翻訳家になるためのステップを解説【ジャンル別】

ここからは未経験者がプロの翻訳家になるための具体的な方法・ステップを、翻訳業界で3大分野といわれる「実務 (産業)・出版・映像」をジャンル別に解説していきます。

翻訳業家の3大分野
  1. 実務 (産業) 翻訳
  2. 出版翻訳
  3. 映像翻訳

1. 実務 (産業) 翻訳

 

ステップ1
自分に合ったワークスタイルを選ぶ
まずはフリーランス・社内翻訳者・派遣スタッフなど、自分に合った「ワークスタイル」を選びましょう。
ステップ2
求人情報を探す
「ワークスタイル」を選んだら、翻訳会社や派遣会社など求人サイトや「翻訳エージェント」を活用して求人情報を探しましょう。

  • アメリア
  • 日本翻訳連盟
  • 翻訳者ディレクトリ
  • 通訳翻訳WEB
ステップ3
エージェントにアプローチする
メールやサイトの問い合わせフォームからコンタクトを取っていきましょう。最初は電話での問い合わせは避けるのが無難です。
ステップ4
応募書類を準備する
履歴書・職務経歴書を準備していきます。翻訳の実務経験や翻訳スクールの受講経験があれば詳しく書いておきましょう。
ステップ5
トライアルを受ける
社内翻訳の採用や企業への人材派遣いずれにしても「トライアル (翻訳の実技試験) 」を受けなければなりません。派遣の場合は、人柄も重視されるため面接もあります。
ステップ6
登録され仕事を受注する
トライアルに合格すると会社の翻訳者として登録され、念願のプロ翻訳家としてのスタートが切れます。

2. 出版翻訳

出版翻訳の仕事は、出版社から依頼されるのが一般的で編集者の人脈の中から依頼されることが多くなっています。

そのため、出版業界に繋がりがなければプロとしてデビューできる足掛かりをつかむのも難しいのが現状です。

あなたが業界とのコネクションがないのなら、

  1. プロの翻訳家に師事する
  2. 出版社に企画を持ち込む
  3. オーディションに参加する
  4. コンテストの応募する

まずはこのように積極的な行動を取って、プロになるチャンスを伺いましょう。

1. プロの翻訳家に師事する

これが1番の王道ルートと言えます。

翻訳のノウハウを知れるだけでなく、人脈から仕事のチャンスが巡ってくる可能性も!

プロの翻訳家に師事するには

  1. 専門スクール
  2. 翻訳家が講師を務める大学
  3. 翻訳家主催の勉強会

このような場所に行けば、プロの翻訳家とのコネクションができます。

→ フェローアカデミーの資料請求はこちら

2. 出版社に企画を持ち込む

自分が翻訳してみたい未邦訳の原書を持ち込む方法もあります。

編集者が「売れる、おもしろい!」と判断すれば出版が決まる可能性もあります。

企画が通らなくても編集者とのコネクションができることで、仕事を依頼されるケースもあります

3. オーディションに参加する

出版予定の訳者を決めるためのオーディションを定期的に実施している出版者もあります。

主なオーディション

  • トランネット「出版翻訳オーディション」
  • アメリア「スペシャルコンテスト」

4. コンテストに応募する

コンテストは基本的に優秀者に賞金や賞品を授与するだけで終わりますが、中には課題図書を出版する機会を設けているものもあります。

主なコンテスト

  • いたばし国際絵本翻訳大賞 

→【2020年最新版】翻訳コンテスト&オーディション情報まとめ

3. 映像翻訳

新人翻訳者は、配給会社や放送局から直接仕事の依頼が来ることはほぼありません。

映像翻訳を扱う翻訳会社から仕事をもらえる可能性もかなり低いのが現状です。

では最近の若手映像翻訳家はどのように仕事をゲットしているのか?

映像翻訳者のキャリアアップ例

ステップ1
翻訳スクールで学びトライアルにチャレンジする
翻訳スクールで映像翻訳の実践的なトレーニングを積んで、スクールから紹介を受けた制作会社のトライアルを受ける。
ステップ2
翻訳会社や制作会社に応募する
翻訳会社や日本語版制作会社のトライアルに合格すれば、CS・BSの字幕翻訳の仕事を受けることができる。
ステップ3
劇場公開の映画翻訳へのチャンスが!
経験を積んで実績を残すことで、大きな仕事が舞い込むようになってきます。仕事の幅を広げることでコネクションも広がり、劇場公開の仕事をゲットできるチャンスも!
新人向きの仕事
  • 動画配信サービスの動画
  • DVD特典の映像
  • ビジネス系の映像
  • 映画祭の字幕翻訳
  • テレビ番組の素材
  • 新ジャンルのコンテンツ
  • 新規事業者からの依頼

このようなところからコツコツと実績を積んでいくのが良いでしょう。

未経験者がプロ翻訳家を目指すなら翻訳スクールがおすすめ!

最近は専門スクールを経てプロになる人が増えてきています。

専門スクールに行くメリットとしては

  • 専門知識が効率よく学べる
  • 仕事獲得のサポートがある
  • 仲間ができて人脈も広がる

などが挙げられます。

中でも、フェローアカデミーは翻訳の3大分野と呼ばれる実務 (産業)・出版・映像すべてを取り扱っている唯一の翻訳スクールでおすすめです!

通学・通信と選べたり、現役プロの指導や翻訳関連企業とのネットワークによる手厚い就業支援も魅力のひとつです。

フェローアカデミーの資料請求・申し込み方法

フェローアカデミーの資料請求・申し込み方法についてご紹介します。

とても簡単で、1分ほどで資料請求(パンフレット申し込み)が完了しますよ

MEMO
現在コロナの影響により、紙媒体の資料ではなく「電子版をダウンロード」する形の資料請求となっています。

① 公式サイトから「資料請求」ボタンをタップしましょう。

「資料請求フォーム」までページが飛びますので、以下に必要な「必須項目」を入力していきましょう。

必須項目を入力したら「入力内容確認へ」をタップして、問題がなければ資料請求が完了となります。

\スマホで簡単1分!/
今すぐ無料でフェローアカデミーの資料請求!
\資料請求後の電話勧誘もないので安心!/

MEMO
現在はコロナの影響で、紙媒体での資料請求が中止となっているため、資料請求が完了したら登録したメールアドレスを確認して電子版をダウンロードしましょう。

まとめ

この記事では、未経験者がプロの翻訳家になるためには資格や学歴が関係するのか?

また翻訳の仕事を受けるためにどのようなステップを踏んでいけばいいか?についてお伝えしてきました。

資格や学歴がなくてもプロの翻訳家になれますが、自分ひとりの力で仕事を取っていくのは難しいので、今回ご紹介したことを参考に進めていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


資料請求はこちら
資料請求はこちら